吉野氏はどう見る?俳優の活躍が目立つ理由について

吉野勝秀氏が見た人気の俳優の活躍が目立つ理由とは

最近は俳優の方の活躍が目立つようになっていますがこれには理由があると考えられます。

というのは俳優さんが何でもするようになったという事があるのです。

これまでは俳優というとどちらかというと、テレビなどへの露出は控えていて、作品の中だけの存在という事があったのですが、最近はバラエティー番組などにも積極的に出てきて庶民的なところをアピールするというような事も多くなりました。

作品を作るとその広告の為にとにかく出られる番組には全て出て作品を宣伝するというのが俳優の仕事のようなものとなったといっても良いかもしれません。

これまでは広報に任せっきりだったものが役者自ら広告をするというのが当たり前のようになり、前面に出てきて作品の事をしゃべるようになったというのが、今の時代の流れという事になるのかもしれません。

このようになると、役者の魅力は一気に庶民的なモノとなりますから、人気が殺到するというような事があり、作品よりもその人が目当てで作品を見るというような事も起きるようになるので、これを狙って作品作りが為されるというような事も出てくるようになりました。

昔は作品ありきの映画などが主体だったのですが、最近は俳優さんや女優さんありきの作品が多くなってきたという事が言えるのかもしれません。

影響力が大きなものとなっている現代

それだけこうした人たちが活躍をするようになっていて、その影響力が大きなものとなっているという事が分かります。

これは情報化社会というモノが進んでいるという事とも関係がありそうです。

というのが、情報化社会となると膨大な情報が一気に流れてしまうので、とにかく人の目に触れる為には目立たなければならないという事になります。

目立つ一番良い方法というのは、人気の人を利用するという事が一番という事になります。

映画のようなものとなるとこれまでに数々の作品が作られているので、今更目新しいものを作るという事は難しいことになっていて、目新しいものを作ってしまうと、誰もその作品については知らないわけですから、人が呼べないという事になり、ある意味ではリスクが高すぎるということになってしまうわけです。

安全に且つ安定的に利益を出すことが出来るようになるから

既に情報がほとんどの人に必要なだけ届いてしまっているわけですから、その情報を活用した方が安全に且つ安定的に利益を出すことが出来るようになるので、こうした人気のある人を活用していくという事をしていくわけです。

情報化社会というのはこの人気が一つのところに集まりやすい社会という事が言えます。

とにかく膨大な情報があるわけですから、人は少しでも良いという情報があればすぐにそれに飛びついてしまうようになるというわけで、この人が凄いということになれば、あっという間にその人に人気が集中していき、その人を起用すればどんな作品でもまず見てもらう事が出来るという事になるというわけです。

今の映画のような作品は、ほとんどの作品で何度も見てもらうという事を考えて作られてはいないといっても良いでしょう。

高いお金を払って同じ作品を見るという事はまずしないという事を映画などの作成会社は知っています。

一度でいいので、高いお金を払って作品を見てもらう事が出来ればよいという考えのもとに作品を作る事になります。

そうなると真っ先に考えなければならないのが、誰に広告塔になってもらうのかという事になるというわけです。

今の映画業界の実態を吉野勝秀氏は切る

この広告塔の人によってどれだけ作品を見てもらう事が出来るのかが変わるわけですから、人気の人を起用したくなるというのはどこの会社も同じという事になるので、人気の人が起用されることになり似たような作品ばかりが出来るという事になってしまっているというのが今の映画業界の実態という事になるのかもしれません。

テレビなどへの露出はある意味では、リスクでもあるのですが今は積極的に広告塔に出てもらって、その存在感をアピールしてもらうという事を考えているので、俳優さんや女優さんが大いに活躍をするようになっているという事になるのかもしれません。

これはテレビでも歓迎するところで、これまではほとんど出てくれることが無かった人気のタレントが登場してくれるという事になり、視聴率も一気にそれで稼ぐことが出来るという、メディアにとってはありがたい存在にもなっているというわけです。

そのため、こうした人気のタレントが登場すると、今では当たり前のようにその人が出演している作品が広告されるわけですが、これは今のところは比較的好意的にとらえられているという事が言えるようです。

ただでさえテレビは広告が多いのですが、その上にさらに広告が入るので、ある意味ではそれによってさらなるテレビ離れという事が起きる可能性もあるのですが、人気のタレントの意外な一面が見られたりするという事で、このような広告は比較的好意的にみられるようになっているという事があるようです。

ただ、今後ネットなどの方が影響力を持つようになると考えられるので、そうなった時に今のやり方は通用しなくなるとも考えられると吉野勝秀氏は警鐘を鳴らしています。

吉野勝秀の好きな映画はより一部抜粋