電気代の効果的な節約方法

毎月かかる電気料金は、普通に生活を送る一般的な家庭にとって必ず支払わなければならないものの一つで、何とかして減らす方法はないかと多くの家庭で考えています。

毎月の電気料金は、少し見直しをしていくだけで減らす方法があります。

家計の大きな負担になっている電気料金を、減らしていく方法を見ていきます。

 

■電気料金プランの見直し

電気料金を減らす方法には、電力会社との間で結んでいる電気料金プランの見直しがあります。

電力プランを自分の生活スタイルに合わせたもの契約を結びなおすだけでも、1年間で1万円程度の電気代の節約効果が出る事があります。

この電気料金プランの見直しと一緒に変更した方が良いものに、契約しているアンペア数の変更があります。

電力会社と結んでいる契約アンペア数を下げる事が出来ると、毎月かかってくる電気の基本料金を下げる事が出来ます。

契約アンペア数を見直し、10アンペア下げれれると約200円程度毎月の電気料金の支払額が下がり、1年間で3000円程度の電気代の節約効果出来る事があり、おすすめな方法です。

どの程度のアンペア数で契約した方が良いのか分からない時は、ブレーカーが自宅にあるドライヤーとエアコンを一緒に使用した時に落ちる位をを目安にすると分かりやすくなります。

 

■電気代の支払い方法の見直し

電気料金の支払い方法の見直しも、電気料金の支払額を少なく出来る事があります。

電気料金の支払いには、口座振替やクレジットカード払いなどがあります。

口座振替での支払いには割引を受けられる事が多く、クレジットカードのポイントよりも口座振替を利用した時の割引額の方が大きい場合があります。

このような場合、クレジットカード払いよりも口座振替で割引いてもらう方が電気料金の支払額が下がる事があります。

 

■家電製品の待機電力を減らす

電気料金を下げる効果が高い方法に、家電製品の待機電力を減らす方法があります。

テレビやエアコンなどの家電製品にはリモコンで操作をするものが多く、この便利なリモコンで家電を操作するためには家電を待機状態にしておくようになっています。

家電の電源を完全に切ってしまうと、リモコンなどでの操作が不可能になってしまうので、リモコンなどですぐに操作がが出来るよう家電はスタンバイの状態になっています。

しかし、毎月の電気料金の中に待機電力の割合は、電気料金全体の約10%程も待機電力状態の家電が使用しています。

パソコンやテレビなどは、主電源を切ってしまっても知らないうちに少しずつ電気を使用しています。

そのため、毎年10万円程度の電気料金を支払っている家庭の場合では、待機電力を使わないようにするだけで1年間で1万円程の電気代の節約が出来る事があります。

待機電力は使わない家電のコンセントを、こまめに抜くだけで簡単に使わないように出来ます。

コンセントを抜く以外にも、コンセントをスイッチ操作だけでONとOFFにする事が出来るスイッチ付きの省エネタップを使えば、いちいちコンセントを抜かなくても待機電力を減らす事が出来ます。

また、スイッチ付き省エネタップがない場合では、普通の三ツ口や五つ口などのタップを使い、一カ所でコンセントを抜けるようにするだけでも、待機電力の節約効果があります。

 

■冷蔵庫は使い方次第で節電できる

電気使用量の多い家電の使い方を工夫するだけでも、毎月の電気料金を減らす事が出来ます。

冷蔵庫の電気使用量はとても多く、何度も扉を開け閉めしていると冷蔵庫内の冷気が外へ出てしまい、多くの電気を使ってしまいます。

冷蔵庫内の冷気をを逃がさず電気使用量を増やさないためには、無駄な開閉をしないようにしたり扉を開けたままにしないようにする事が大切です。

また、冷蔵庫内は冷気を流れやすくするため隙間を開けるようにして、冷凍庫内は隙間の無いように詰める事が上手に使うコツになります。

冷蔵庫の温度の設定の見直しも、電気使用量を効率的に減らす方法です。

高から中に温度の設定を下げるだけで、約20%程度も冷蔵庫の電気使用量を減らす事が出来ます。

そして、季節に合わせて温度の設定の変更をしたり、壁などに冷蔵庫をピッタリ置かないようにするのも効果的に電気代を減らす事が出来ます。

 

■その他の節電方法

照明器具に使っている電球を交換するのも、手軽に節約が出来る方法です。

照明を点灯している時間の長いリビングなどの照明器具の電球をLEDなどの電球と交換するだけで、簡単に電気代を減らす事が出来ます。

古い家電を買い替えるのも、電気代の節約になります。

リビングなどのように使う時間の多い部屋のエアコンを交換した場合は、約15年ほど前のエアコンと現在のエアコンを比較すると、1年間で約1万8千円程電気料金を減らす事が出来ます。

また、冷蔵庫や洗濯機なども新しものに買い替えた場合は、1年間で冷蔵庫は約1万円程の、洗濯機は約7千円ほど電気料金を減らす事が出来ます。

エアコンの設定温度の見直しも効果的です。

エアコンの設定温度を1度下げるだけでも電気料金を下げる効果があり、頻繁に付けたり消したリするのは逆効果になります。

 

追記:電子ブレーカーを導入することによって電力コストの削減をすることも可能です。ネオコーポレーションの電子ブレーカーが今、利用者の評判が良いので、一度使ってみても良いかもしれません、おすすめです。