川中商事の経営方針

仕事をするには会社などに勤めて働くことになりますが、働いてお金を貯めて起業するなど独立を考えることがあります。

そして仕事には様々な職種が存在し、それぞれの特徴を理解した上で経営する必要があります。

起業する選択肢には多くのものがありますが、その一つに飲食店を経営することが挙げられます。

飲食店と聞くと調理師免許を持っている人やどこかのレストランなどで修行した人が、独立してお店を出すように思うことも多くありますが、調理師免許をもっていなくても調理の経験がなくても飲食店を経営することはできます。

飲食店を経営するスタイルには主に2つあり、一つはオーナーシェフとしてお店の責任者であり料理人であるすべて自分自身の采配により行なうことと、もう一つはオーナーとしてお店を所有し調理師などを雇ってお店の責任者に当てる方法になります。

オーナーシェフのいいところはレストランなどで修行をし料理のことはもちろん、接客や運営などを現場で学んできているためある程度のノウハウがあることになります。

またメニューなどの決める際にも最終的に判断を下せる立場にあるため、ある程度自分の好きなように決めることができます。

しかし従業員の意見も大切なことであるためきちんと聞いて良いところは取り入れて、正当に評価することも重要になります。

オーナーシェフの場合にはほとんどのことは自分でどうにかしなければいけないため、自分で行わなくてもいいものは極力しないようにすることも大切になります。

ただのオーナーとしてお店を出す場合にはまた少し違ってきて、飲食店で働いた経験がない場合は経営は大変なものになります。

調理スタッフなどは雇うことになりますが、その際には経験豊富な人を雇うと原価率やメニューなどの提案なども任せることができますが、お店のコンセプトと合わない場合などは対立することも考えられるので注意が必要になります。

飲食店を経営する場合には、様々な場面を想定して対処できるようにしておくことが重要になってきます。

→川中商事 居酒屋