顧問弁護士って?

企業を経営していると、さまざまな問題にぶつかります。
そんな中で、果たしてこれは弁護士を呼ぶほどのことなのか迷ってしまう事態になることも考えられます。
大した問題でもないのに弁護士に相談をすれば高額な費用が無駄となってしまいますし、その逆に弁護士を呼ばないことで事態が悪化をしてしまうケースも考えられます。
こんな時、気軽に相談をすることができる弁護士がいればいいのに・・・と思いませんか?
もしもの時のために、顧問弁護士と契約をしておくと何かと便利です。

・顧問弁護士とは

顧問弁護士とは月々の顧問料金を支払うことにより、クライアントの会社で何か法的な問題があった場合に解決のためのアドバイスをしてくれる弁護士です。
月々の顧問料を支払っているわけですから、通常なら相談をするのに迷ってしまうような事案でも気軽に相談をすることができます。
また相談は、直接会う方法の他に電話やメールといった形で行うこともできます。
また、顧問弁護士が行っているのは相談だけではありません。
交渉の代理も行ってくれますし、契約書の作成も行ってくれます。
普段からクライアントの会社に精通しているので、相談をした時のレスポンスも早く時間を無駄にすることがありません。
顧問弁護士と契約をしておくことで、さまざまなトラブルを未然に防ぐことができます。

・こんなメリットも

顧問弁護士を雇うことで、企業はさまざまなメリットを受けることがあります。
例えば法改正があった場合、それに気付かないでいると知らず知らずの内に法に背いてしまうということもあります。
このようなトラブルを防ぐには、常に法関連へのアンテナを張っておく必要があります。
しかし顧問弁護士を雇っていると、クライアントに関わるような法関連の動きがあった場合はすぐにアドバイスをしてくれます。
これによりクライアントはアンテナを常に張っておく必要もなく、自分の業務に集中をすることができます。

 

顧問弁護士と格安で契約するには?

顧問弁護士は困ったことがあっても電話やメールで気軽に相談をすることでき、アドバイスを受けることによりトラブルを未然に防ぐことができます。
顧問弁護士と契約をしていることで安心感を得ることできて、本来の仕事により集中をすることができるでしょう。
とはいっても、弁護士が必要な時は月に1回あるかないか程度・・・。
月額5万も10万も払い続けるのは厳しい・・・。
このような方もいると思います。
そんな場合は月額が費用が格安で、相談料が従量制の顧問弁護士と契約をすることがおすすめです。

・格安で顧問弁護士と契約する方法

顧問弁護士の契約料金は、事務所によってさまざまです。
月々の料金が10万円の所もあれば、数千円で済むような格安の所もあります。
あまりにも安ければ不安になってしまうかもしれませんが、その安さに納得できるシステムを導入している所もあります。
例えば、相談料が従量制の顧問弁護士です。
これは相談○分につき○円というように、利用すれば利用するだけお金がかかります。
それとは別に月額料金を支払い続けなければいけませんが、その値段は格安です。
月額料金5000円で、相談料が10分1800円の顧問弁護士がいたとします。
この顧問弁護士と契約をして、1ヶ月で1時間程度の相談しか利用しない場合だと支払う料金は5000円+1800円×6=15800円となります。
普通の顧問弁護士だとほとんど利用をしなくても月額3万円〜10万円程度は必要なわけですから、あまり弁護士に相談をしない人にとってはこちらの方が断然お得となります。
いざという時に頼れる顧問弁護士が欲しい・・・。
でも普段はあまり利用しない・・・。
そういった方は、コスト削減のために月額料金が格安で相談料が従量制の顧問弁護士をおすすめします。
もちろん相談以外の業務も、案件ごとに費用を支払うことにより依頼をすることができます。
また格安の顧問弁護士が全てこの形態というわけではありませんので、その点はご注意ください。

※離婚問題でお悩みの方はこちら→離婚弁護士東京口コミ

 

 

PR

USCPA講座
大阪で交通事故の弁護士をお探しなら咲くやこの花法律事務所